スイーツ激戦区、自由が丘で長年トップを張る名洋菓子店「パティスリーパリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」

東京 洋菓子

自由が丘は、皆さんご存知のように言わずと知れたパティスリーの激戦区ですね。

メディアではおしゃれなパティスリーが連日紹介され、行列ができる店も少なくありません。

特に自由が丘を代表するスイーツ店として「モンサンクレール(Mont St Clair )」さん、「エムコイデ(m.koide)」さん(現在は閉店され、移転先は不明)などが挙げられます。

そして、今回紹介する 「パリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」さんもハイレベルな実力を持っておられ、これらのお店を合わせて自由が丘3大スイーツ店と称されています。

また、自由が丘には洋菓子店だけでなく、焼き菓子のお店も近年できていて、こちらの「ライフイズパティシエ(LIFE IS PATISSIER)」さんは2020年1月にオープンしたばかりの新店です。

「パティスリーパリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」さんのケーキについて

ケーキのメニュー

店内は撮影禁止となっていますので、このように紙の説明書きをつけてもらいました。

トップを飾るのは、お店のスペシャリテである「ムッシュ・アルノー」。

こちらはもちろんいただきましたよ!

ケーキのメニュー

全体的に見ると、チョコレートを扱ったケーキが多いかなと感じました。

シェフの修行先と関係あるのかな?と少し思いました。

ここからは実際に頂いたケーキの紹介に入っていきたいと思います。

ムッシュアルノー

ムッシュアルノー

オレンジ風味のミルクチョコレートクリームとヘーゼルナッツのダックワーズ。チョコレートのパリッとサクッとした食感も楽しめるケーキで、お値段はプチガトーで700円(税込)、アントルメで3,500円(税込、12cm)、4,340円(税込、15cm)です。

オーナーである「金子 美明」シェフがフランスでの修業時代に影響を受けた「アルノー・ラエール」氏の名前を冠したケーキで、お店に行ったら是非食べてもらいたいお店のスペシャリテです。

ムッシュアルノーの構成、断面

ムッシュアルノーの断面

構成:(上)チョコクリーム+板チョコ+チョコレートクリーム+板チョコ+チョコレートクリーム+ヘーゼルナッツのフィアンティーヌ+ヘーゼルナッツのダックワーズ生地(下)

ムッシュアルノーを食べて

口溶けまろやかなチョコクリームはオレンジ風味がアクセントになっているのが印象的とともに新鮮味があります。

そのクリームの間に挟まれた板チョコは甘さが控えめとなって、ケーキ全体を引き締めているかのようです。

ヘーゼルナッツのフィアンティーヌのザクザクっとしたフレークのような食感がよりナッツの香りを味あわせてくれます。

そして、ダックワーズのサクサク感がマカロンに近い感じでフィアンティーヌとの対比が楽しいですね。

ガトーバニーユ

ガトーバニーユ

タヒチ産のバニラをたっぷり使った濃厚なバニラのクリームと、しっとりとしてコクのあるアーモンド生地、ガナッシュ、サブレを重ねたエレガントなバニラの香りが楽しめるケーキで、お値段はプチがトーで650円(税込)、アントルメで3,250円(税込、12×11cm)です。

ガトーバニーユの構成、断面

ガトーバニーユの断面

構成:(上)バニラクリーム+バニラガナッシュ+アーモンドのダックワーズ生地+サブレ生地(下)

名前の通り、バニラをふんだんに使っていて、かぐわしい香りがしてきました。

ガトーバニーユを食べて

バニラクリーム、バニラガナッシュとこのケーキの主役であるバニラが続きます。

クリームの方は、バニラビーンズが使われていて、バニラの香りこうばしく、軽い口溶けで優しい甘さがありました。

一方のガナッシュは重みのあるまろやかさで、よりバニラの風味を感じられます。

アーモンド生地はアーモンドの香ばしさのあるしっとりとした食感、そしてタルト生地は焼き具合が絶妙で、バターの味わいがたまらない美味しさ。

バニラをここまで美味しく堪能できるのが、このケーキの良さだと感じました!

フィグオランジュ

フィグオランジュ

チョコレートのガナッシュ、スポンジ、オレンジとイチジクのコンフィを層にした濃厚でお酒の効いたケーキで、お値段はプチガトーで670円(税込)、アントルメで3,350円(税込、12.5×9.5cm)です。

フィグオランジュの構成、断面

フィグオランジュの断面

構成:(上)チョコクリーム+チョコレートのビスキュイ+オレンジとイチジク、チョコレートガナッシュ+チョコレートのビスキュイ+ オレンジとイチジク、チョコレートガナッシュ+チョコレートのビスキュイ (下)

フィグオランジュを食べて

一口、ケーキを口にするとまず外周部のチョコクリームの洋酒の風味が広がってきて、シックな感じのケーキといった印象を受けました。

そのクリームは重厚なもので、甘味よりもどちらかというとビター感が強いです。

チョコレートビスキュイ、こちらはチョコレートが染み込んでおり、しっとりとして食べやすいものになっています。

続いてはオレンジとイチジクの果実が入ったガナッシュで、こちらもガナッシュというだけあってさらに口の中でその風味が長時間残り、余韻に浸ることができ、それがチョコレートケーキであると自ら主張しているかのようです。

そこにオレンジの爽やかな風味やイチジクのプチプチとした食感がアクセントとして加わることで、単調さに変化を与えてくれより美味しく食べ進めることができました。

どの素材も無駄になることなく共存していることに「金子」シェフの実力を垣間見ました。

ジヴェルニー

ジヴェルニー

ライム風味のホワイトチョコレートムースの中にフランボワーズのソース、ピスタチオのムース、ビスキュイ、ファインティーヌのケーキで、お値段はプチガトーで670円(税込)、アントルメで3,350円(税込、11×9cm)です。

ジヴェルニーの構成、断面

ジヴェルニーの断面

構成:(上)ホワイトチョコレートのムース+フランボワーズのソース+ピスタチオのムース+ビスキュイ+フィアンティーヌ(下)

ホワイトチョコの白とフランボワーズのピンク色の色のコントラストが何とも美しい!

これに惹かれて思わず、購入しちゃいました。

ジヴェルニーを食べて

ホワイトチョコレートのムースはまったりと濃厚で、甘味がある中で、ライム風味で爽やかさがプラスされて、それが鼻の中を駆け抜け、爽快な気分になりました!

フランボワーズのソースの甘酸っぱさが特徴のあるもの。


ピスタチオのムースは豆っぽさも少し感じられますが、主張として控えめでフランボワーズの風味を引き立ててピスタチオのケーキというよりはフランボワーズメインのケーキのように感じました。

そして、フィアンティーヌのサクサク食感がホワイトチョコレートムースやフランボワーズソースなどをうまくまとめあげている完成度の高いケーキだと思いました。

「パティスリーパリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」さんについて

こちらのお店は、冒頭でも書いた通り、スイーツの街自由が丘を代表する名店で、 食べログの『スイーツ百名店TOKYO2020』に選出され、【東京都】×【洋菓子】で第6位(2020年4月25日現在)に位置しています。

店名の「パリセヴェイユ」の意味は、フランス語で『パリの目覚め』というそうです。

パリで自身の才能を開花させたオーナーシェフを務める「金子 美明」さんが名づけました。

「金子 美明」さんのご経歴について

「金子」さんは幼い頃より料理本を見るのが好きだったそうで、14歳の頃に「山本 益博」さんの著書である『パリのお菓子屋さん』という本を読まれ、お菓子の世界に魅了されたとのことです。

中学3年で進路を選ぶ時、『パリのお菓子屋さん』の中で描かれていたようなお菓子屋さんを探しておられたところ、デパ地下で「ルノートル」を見つけられました。

内容も他の店とは全然違うし、「あ、あの本にあったお店だ!」と思われたそうです。

その時に食べられたサバラン、ムラング・シャンティーに感動され、「フランス菓子というものは、こうなんだ」と感じられ、卒業後に西武池袋の「ルノートル」(現在は銀座三越店のみ)に入社されたそうです。

その後、「レストランパッション」(千葉県)、「パティスリー・ル・プティブドン」(東京・代官山)のシェフパティシエをなられました。

1999年に渡仏し、「ラ・デュレ」、「ル・ダニエル」、「アルノー・ラエル」、「アランデュカス」などの名店で修行されています。

2003年に帰国され、ここ「パティスリーパリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」をオープンされました。

お店へのアクセスについて

最寄駅は東急東横線、大井町線「自由が丘駅」です。

「自由が丘駅」の正面出口をまず出ます。

自由が丘駅の改札、正面出口

駅の改札を出て、正面右手の通り(「蜂の家」さんの横の通り)を進みます。

目黒自由が丘郵便局の交差点

そのまま通りを進み、目黒自由が丘郵便局のある交差点を左に曲がり、学園通りをそのまま進みます。

東急大井町線の踏切手前、左手にお店があります。

お店の外観

このように木をふんだんに使った建物はアンティークな雰囲気を醸し出しいて、日本とは思えないような、フランスの路地にある古いパティスリーのようです。

なお、お店にはイートインスペースもあり、外観と同様に落ち着いた雰囲気の中でケーキをいただくことができますので、是非、ご利用くださいね。

お店の住所、営業時間、定休日、公式メディアなどについて

店名:パティスリーパリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)
住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5
営業時間:10:00~20:00
定休日:定休日
電話番号:03-5731-3230
公式Instagram:https://www.instagram.com/paris_seveille/
公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%91%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A6/124338434284885

地図

パリ・セヴェイユ
★★★★☆ · ケーキ屋 · 自由が丘2丁目14−5

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。
ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました