高く積み上がったフォトジェニックスイーツが話題の京都のカフェ 「ピウカフェ(piu cafe)」

京都カフェ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は五重塔のような今にも倒れそうなほど高く積み上がったミルフィーユのスイーツがインスタ映え間違いなしという京都、北野天満宮や金閣寺にほど近いカフェ『ピウカフェ(piu cafe)』さんの紹介します。

スイーツメニュー

お店のメニューは、看板メニューであるパイを始め、ケーキ類や焼き菓子など様々なものあります。

お店の看板メニューであるパイ

パイメニュー

・アップルパイ 880円(税別)

・焼きマシュマロアップルパイ 1,080円(税別)

・ブルーベリーアップルパイ 880円(税別)

・あまおう苺のミルフィーユ(冬から春ぐらいの期間限定) 1,380円(税別)

・桃のミルフィーユ(夏限定) 1,480円(税別)

・モンブランミルフィーユ(秋限定) 1,480円(税別)

パイと一緒にオーダーすると単品ドリンクが100円offもしくは、プラス200円でドリンクをつけることができます。
そのドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュース、アップルジュース、ジンジャエール、ウーロン茶です。

焼きマシュマロアップルパイ

焼きマシュマロアップルパイ 1,080円(税別)

焼きたてのサクサクのアップルパイを土台にパイ生地をタワーのように積み重ね、トップにベルギーチョコアイスクリームと板チョコ、そして焼きマシュマロをトッピングしたフォトジェニックなパイです。

その周りには、焼きマシュマロとチョコレートソースが一緒にのっていて、このひと皿に何か物語があるような感じに仕上がっています。

パイのトップにはチョコ尽くし!

竹串で固定されているので、食べている途中で倒れてくるということがないパイ生地はサクサクと焼きたてを感じさせるもので、バターの優しい風味が美味しいです。

一番したの層にはシャキシャキとした食感で甘酸っぱさがアクセントとなっているアップルパイ。

そのフレッシュな味わいが爽快な気分にさせてくれました。

ビターな味わいの板チョコ、ひんやりとした甘さがメインのベルギーチョコアイスが脇をしっかりと固めていて、いい役割となっていました。

「ピウカフェ」さんには、これ以外にもSNSで話題の「あまおう苺のミルフィーユ」を始め、夏限定の「桃のミルフィーユ」、秋限定の「モンブランミルフィーユ」と美しいスイーツが目白押し

「あまおう苺のミルフィーユ」は伺った日の前日までで終了でした。次のシーズンまで持ち越しですね。

洋菓子、焼き菓子

洋菓子メニュー

500円以上のオーダーで単品ドリンク100円offもしくは、プラス200円でドリンクセットにすることができます。

・季節のタルト 650円(税別)
 例)レモンのモンブランタルト

・ガトーショコラ 550円(税別)

・チーズケーキ 530円(税別)~
 例)ベイクドチーズケーキ、コーヒーとオレンジのNYチーズケーキ、ブルーベリーのスフレチーズケーキ

・シフォンケーキ 500円(税別)
 例)リンゴ、紅茶

・アイスパフェ Sサイズが500円(税別)、Wサイズが800円(税別)
 例)ガトーショコラ

・スコーン 330円(税別)
 例)ビターチョコとホワイトのWチョコ

・クッキー 250円(税別)~

アイスパフェ(S) ガトーショコラ

アイスパフェ(S) ガトーショコラ 500円(税別)

パフェグラスの中にパフ、ラズベリージャム、ガトーショコラ、バニラアイスを入れ、その上にはベルギーチョコレートアイス、さらにはその上にもガトーショコラとその名前の通りのパフェ。

ガトーショコラはプチガトーのような可愛らしいサイズ

ガトーショコラはカカオの深いコクとともにほろ苦さもあって、ベルギーチョコアイスの甘さとうまくバランスが取れており、たっぷりなのが嬉しい。

その下のバニラアイスはミルクの甘味たっぷりでビターなガトーショコラとコントラストになっています。

さらに食べ進めると再び、ガトーショコラが顔を出してきて、バニラアイスとの味わいの違いにより全く飽きがこないように工夫されています。

パフのやわサク食感に加えて、アクセントになってるのは、ラズベリージャムの酸味。

様々なものが複雑に合わさり、最後まで美味しく食べられるようなパフェでした。

このボリュームでSサイズは驚き、Wサイズだとどれくらいの大きさ、またガトーショコラ以外にもメニューはあるのだろかと次また食べたくなるようなワクワク感が残った、そんなパフェでした!

ドリンクメニュー

こちらのドリンクをオーダーすると子供たちを支援するNPO法人へ全額寄付できます。

・ソーダー類 各500円(税別) BLUE、KYOTO、LIME

・ブルーベリーラッシー、ラズベリーラッシー、マンゴーラッシー 各600円(税別)

・ホットレモネード 450円(税別)

・レモネード 400円(税別)

・レモンスカッシュ 
 アイスあり 550円(税別)、アイスなし 500円(税別)

コーヒー、ティーメニュー

コーヒーメニュー

・コーヒー 400円(税別)

・カフェオレ 450円(税別)

・カフェラテ
 M 450円(税別)、L 550円(税別)
 ホイップクリームトッピングは+100円

・カフェモカ 500円(税別)
 ホイップクリームトッピング 600円(税別)

・ハチミツモカ 550円(税別)
 ホイップクリームトッピング 650円(税別)

・ホワイトモカ 600円(税別)
 ホイップクリームトッピング 700円(税別)

・キャラメルモカ 600円(税別)
 ホイップクリームトッピング 700円(税別)

・エスプレッソ
 S 300円(税別)、W 450円(税別)

ティーメニュー

・本日の紅茶 400円(税別)

・ハーブティー(2杯分) 600円(税別)

ホットチョコレート

・ベーシックホットチョコレート 550円(税別)

・マシュマロホットチョコ 600円(税別)

・生クリームマシュマロホットチョコ 650円(税別)

タピオカ

・イチゴソーダ 450円(税別)
・いちごティー 500円(税別)
・いちごミルク 550円(税別)
・いちごヨーグルト 600円(税別)

・マンゴーソーダ 450円(税別)
・マンゴーティー 500円(税別)
・マンゴーオレンジ 550円(税別)
・マンゴーヨーグルト 600円(税別)

・ティーソーダ 450円(税別)
・ダージリンティー 500円(税別)
・レモンティー 500円(税別)
・ミルクティー 550円(税別)
・ソイティー 600円(税別)
・キャラメルミルクティー 650円(税別)

フレッシュジュース、アルコールメニュー

フレッシュジュース

・ウーロン茶 350円(税別)

・コーラ 400円(税別)

・辛口ジンジャエール 400円(税別)

・甘口ジンジャエール 400円(税別)

・自家製レモネード 400円(税別)
・自家製ホットレモネード 450円(税別)
・自家製レモンスカッシュ 500円(税別)

・サラトガクーラー 550円(税別)

・シャーリーテンプル 550円(税別)

・信州ブドウコンコード 600円(税別)

・すりおろしりんご 600円(税別)

・マンゴーオレンジ 650円(税別)
・マンゴースカッシュ 650円(税別)

・濃厚国産桃 700円(税別)

アルコール

・キリン ハートランド 550円(税別)

・コロナエキストラ 650円(税別)

食事メニュー

店主の方がイタリアン出身ということでパスタやピザといったイタリアン料理も充実しています。

パスタメニュー

今月のパスタセット(サラダ付き)

 A.モロッコインゲンとおじゃこの梅干しパスタ 980円(税別)
 B.ささみとズッキーニとアボカドのバジルパスタ 1,080円(税別)
 C.タコのカポナータ・冷製パスタ 1,180円(税別)
 D.夏の黄色野菜と豚のラグーのレモンクリームパスタ 1,380円(税別)

アラカルトメニュー

・ぺぺロンチーノ 880円(税別)

・厚切りベーコンのポモドーロ 880円(税別)

・カルボナーラ 980円(税別)

・ツナとマッシュルームのジェノベーゼパスタ 1,080円(税別)

ピザメニュー

今月のピザゼット(サラダ付き)

A.カリカリベーコン&サラミとパプリカのトマトピッツァ 1,480円(税別)
B.夏の緑野菜とバジルのビスマルクピッツァ 1,580円(税別)

アラカルトメニュー

・マルゲリータ/モッツァレラチーズ、トマト、バジル 1,080円(税別)

・バンビーノ/ベーコン、ツナ、コーン 1,180円(税別)

・ゴルゴンゾーラとハチミツのピッツァ 1,280円(税別)

・クワトロフォルマッジョ/4種のチーズ 1,580円(税別)

お店について

お店の目印は気球のロゴ

オープンは2017年で、シェアハウス『knob』というおしゃれなリノベーションビルの1階にあります。

気球のロゴが描かれたライトな感じのブルーのドアを開けお店に入ると、アンティークで落ち着いた空間が広がります。

お店のオーナーである「中原 康友」さんはフレンチやイタリアンで約12年間修業され、「僕自身がカフェ好きで。男性ひとりでもためらうことなく、ゆっくりとくつろげるカフェを作りたかったんです」という想いから始められたお店。

入り口のドアを内側からみたところ。大きなテーブルの中には、シンボルツリーが印象的。古材を使ったアンティークなテーブルが、おしゃれです。

お店の内観

倉庫のような、コンクリート打ちっ放しの天井に、アンティークの家具やドライフラワーでやわらかさがプラスされた、無機質ながらもとても落ち着いた店内で、窓から太陽の光がたっぷり射し込み、開放感もあるのが特徴。

お店へのアクセス

最寄駅はJR山陰本線「円町駅」、嵐電「北野白梅町駅」で、バス停だと「北野白梅町」です。

「円町駅」だと、駅を出て、西大路通りを金閣寺方面へと進み、西大路大将軍交差点を西へ曲がります。

そこから二筋進んだ交差点角にあります。

「北野白梅町駅」からですと、駅を出て北野天満宮方面へと進み、西大路通りを南へ下り、同じく西大路大将軍交差点を目指します。

そこからは「円町駅」からのアクセスと同じです。

近くには学問の神様『北野天満宮』、『金閣寺』、『平野神社』少し足を伸ばせば、石庭で有名な『竜安寺』など寺社仏閣が多いこのエリア。

こちらでお食事をされた後、もしくは前にお散布するのも良さそうですね。

インスタグラムでは期間限定メニューの提供開始などを告知

公式インスタアカウント(@piu_cafe)では、期間限定で提供されるメニューの告知の投稿がされており、要チェックです!

また、テイクアウトのメニューについても投稿されているので、こちらもチェックですね。

お店の住所、営業時間、定休日、公式メディアなどについて

店名:ピウカフェ(piu cafe)
住所:京都市北区大将軍西町131 KNOBビル1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日(※祝日の時は営業)
電話番号:075-205-5109
公式Instagram:https://www.instagram.com/piu_cafe/?hl=ja
公式Twitter:https://twitter.com/piu_cafe

地図

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。
ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました