酒粕や酒種を使ったユニークなベーグルが特徴の京都伏見のベーグルと焼き菓子のお店 「ナナホシテントウ」

京都 パン

パン屋さんが京都にあって、『お酒』に関する材料を使った特徴のあるベーグルが頂ける専門店が京都の伏見にあります。

今回はそんなお店、「ナナホシテントウ」さんに注目して紹介します。

お店のベーグル

お店で作られているベーグルは選び抜かれた素材を100%使用し、丁寧に焼き上げられています。

2020年5月のある日のメニュー。

その日に並ぶ商品はこのように当日、もしくは前日に公式インスタグラムの方にアップされるので、確認してみてください。

酒粕ベーグル

酒粕ベーグル

酒粕を生地に使ったベーグルで、お値段は200円(税別)です。

ほんのりと酒粕の香りがしてきました。

酒粕ベーグルの断面

酒粕のほんのりとした甘味が甘酒のようで、もっちりとしたベーグル生地とのよくあっていました。

その甘味がベーグルの味の主役として、十分役割を果たしていてくれているので、そのままでも美味しく食べられて、プレーンベーグルとはまた違った楽しみ方ができますね。

関西を代表する酒処、伏見ならではベーグルで、 「ナナホシテントウ」さんに伺ったのなら是非、味わっておきたいベーグルですね!

酒種有機マスカットレーズン&白あんベーグル

酒種有機マスカットレーズン&白あんベーグル

酒種を使い、有機マスカットレーズンと白あんを生地に巻き込んだ酒粕ベーグルとは違った趣のベーグルで、お値段は220円(税別)です。

マスカットと白あんと普段のベーグルでは見かけない組み合わせが好奇心をくすぐりますね!

酒種有機マスカットレーズンと白あんベーグルの断面

白あんはまったりとした舌触りで、甘味があります。

そこにマスカットレーズンのジュワッとした食感に爽やかな酸味が加わることで、絶妙な旨さが表現され、美味しさを感じられました。

使っている素材、味わいどれをとっても新鮮で、もう一度食べてその美味しさを味わってみたいと思います。

シナモンロール

シナモンロール

ベーグル生地にシナモンを巻き込み、そこにクルミを入れたベーグル?、パンで、お値段は220円(税別)です。

シナモンペーストが生地にたっぷりとついているので、ラップをとるときに手がベタベタになるので、注意が必要です。

シナモンロールの断面

コリコリとしたクルミの香ばしさに、シナモンのスパイシーさは王道の組み合わせですね。

そのシナモンの甘さのある風味がもっちりとした生地に絡みつく美味さがやみつきになります。

焼き菓子

焼き菓子も販売されていて、こちらも厳選された原材料を使用されています。

ビスコッティ(チョコ&ナッツ)

ビスコッティ(チョコ&ナッツ)

チョコレートとナッツを使った焼き菓子で、お値段は200円(税別)です。

ちなみにビスコッティ(Biscotti )とは、 「2度焼きした」という言葉が語源となっている中部イタリア、トスカーナ地方の伝統菓子で、カントゥッチ(Cantuccini)とも呼ばれているクッキーのことです。

2度焼きしているため、かなり硬いビスケットになっていて、噛んだときに「カリッ」といった軽やかな音が鳴るために、小さな歌という意味である cantocci が cantucci と変化したのが語源なっているそうです。(ウィキペディアより)

発祥の地であるイタリアでは、コーヒーやデザートワインに浸しながら食べるのが一般的だそうで、コーヒーやデザートワインがしみこんで、食感の違いを楽しみのだそうです。

原材料名:北海道産ドルチェ小麦、奄美諸島素焚糖、卵、チョコレート、ミックスナッツ、太白胡麻油

ビスコッティ(チョコ&ナッツ)

ガリガリとした硬さになっていて、食感としては堅焼きせんべいに近いと思います。

その硬さによりナッツの食感や香りをしっかりと感じることができます。

ミックスナッツの味わいのほうがチョコレートよりも優っているように感じました。

お店について

お店の外観

京都、宇治川に架かる観月橋にほど近い場所に「ナナホシテントウ」さんは、天然酵母ベーグル&焼菓子の店です。

店主さんが25年前に初めて食べられたベーグルの美味しさに感動され、「自分でもこんなに美味しいいものが作れたらなぁ … 」とベーグル作りを始められたのがきっかけです。

そして、 念願だった自分のお店を、2018年10月23日に実店舗としてオープンされました。

お店のモットーは『美味しいものは人を幸せにする』ということで、お店のベーグル、焼き菓子は【⠀使用する全ての素材にこだわり1つ1つ丁寧に焼き上げられて】います。
その詳細については、後に書いています。

お店へのアクセスについて

最寄駅は京阪宇治線「観月橋駅」です。

駅のから出て中書島方向、つまり国道24号線方面へ向かい、ビデオ1観月橋店の横を通り過ぎます。

そこから徒歩約5分の住宅地の中にお店があります。

ベーグルや焼き菓子は全ての素材にこだわり、丁寧につくられています

先述したように以下のような原材料を100%使用されていて、美味しくいただくことができます。

・北海道産はるゆたか小麦(強力粉)
・北海道産ドルチェ小麦(こちらは薄力粉)
・北海道産てんさい糖
・奄美諸島産素焚糖
 原料(素)の持つミネラルと風味を大切にていねいに焚き上げる独自製法により作られた砂糖。
・国産天然塩
・よつ葉バター
・純生クリーム
・太白胡麻油
・こめ油
・白神こだま酵母

国産のもののみを使用されているので安心です。

・京都伏見名水
・地元の卵、牛乳

酒処には美味しい水』があるということで、もちろん伏見の水も使用されています。

また、地元の卵なども使用され地産地消をやられていますね。

お店の住所、営業時間、定休日、公式メディアなどについて

店名:ナナホシテントウ
住所:京都市伏見区弾正町103-1
営業時間:11:00~15:00、営業日は火水木(金)
定休日:不定休(詳細は公式インスタグラムを参照)
公式Instagram:https://www.instagram.com/nanahoshi.1010/?hl=ja

地図

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。
ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました