【大阪・北新地】「夜のベーカリー まほろば 北新地店」深夜3時まで営業している心斎橋のベーカリーが北新地にも!

大阪パン
画像:よっしー@関西グルメ

お店の情報

店名:夜のベーカリー まほろば 北新地店
住所
:大阪市北区曽根崎新地1-1-16
アクセス:JR東西線「北新地駅」より徒歩約5分、京阪本線「大江橋駅」から徒歩約5分
営業時間
:17:00~翌3:00
定休日
:インスタ参照
予算
1,000〜円
お席
:テイクアウトのみ
個室
:無し
貸切
:不可能
喫煙可否
:完全禁煙
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)
電話番号
:06-6343-0707
公式Instagram@yoruno.bakery.mahoroba
公式HPhttps://mahorobabakery.jp/

食べログ

夜のベーカリーMAHOROBA 北新地店 (大江橋/パン)
★★★☆☆3.21 ■【4月12日Newopen‼】夜のベーカリーMAHOROBA 北新地店 ■予算(夜):~¥999

Googleマップ

Google マップ

「夜のベーカリー まほろば 北新地店」さんは、深夜3時まで営業しているベーカリーの二号店

画像:よっしー@関西グルメ

2022年4月にオープンした「夜のベーカリー まほろば 北新地店」さんは、夕方17時から翌日の3時まで営業しているベーカリーの二号店。

一号店は北新地と同じく、夜の街・心斎橋にあります。

心斎橋店に行ったときに美味しかったので、続いて行ってきました!

ちなみに「まほろば囲炉裏 心斎橋」さんの系列店。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27120260/

お店の外観

画像:よっしー@関西グルメ

JR東西線「北新地駅」より徒歩約5分、京阪本線「大江橋駅」から徒歩約5分、北新地の中心にお店があります。

外観は心斎橋店とほぼ同じですね。

お店の内観

画像:よっしー@関西グルメ

パンのラインナップは心斎橋店とほとんど変わらないそうです。

お店の方によると平日は夜8時くらいがお客さんが来るピークみたいです。

あと、お持たせとして注文が入りと届けることもあるんだそうで、夜の街ならではですね。

総菜系のパンが豊富です

スイーツ系と総菜系のバランスが良くて心斎橋店同様悩みます。

コロッケパン 390円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ コロッケパン 390円(税込)

少し引きのあるパン生地に、ホクホクじゃがいもコロッケ。

コロッケの下にはタマゴサラダが隠れていましたー

タマゴサラダクロワッサン 350円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ タマゴサラダクロワッサン 350円(税込)

バターの旨みたっぷりのクロワッサン生地にタマゴサラダがのっています。

画像:よっしー@関西グルメ

タマゴサラダにマヨネーズ、この組み合わせが最高!

カランドとクリームチーズのセーグル 310円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ カランドとクリームチーズのセーグル 310円(税込)

クリームチーズにカランドを生地に練り込んだパン。

画像:よっしー@関西グルメ

まったりとしたクリームチーズの味わいが美味しい。

抹茶とホワイトチョコのミルクサンド 350円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ 抹茶とホワイトチョコのミルクサンド 350円(税込)

ホワイトチョコとミルククリームの優しい甘さに、抹茶のコクが相まってベストコンビネーション。

栗と白餡のセーグル 390円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ 栗と白餡のセーグル 390円(税込)

ハード生地に甘く煮た栗と白餡を合わせたパン。

画像:よっしー@関西グルメ

ホクホクの栗に柔らかな甘さが特徴の白餡、食べ応えのある生地の組み合わせが良かったです。

まとめ

「夜のベーカリー まほろば 北新地店」さんは、夕方17時から営業、翌3時までやっている心斎橋のベーカリーの二号店。

夜遅くにいってもたくさんのパンが並んでおり次の日の朝食に仕事帰りや飲んだ後にオススメです!

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。是非クリックお願いします↓

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

コメント

タイトルとURLをコピーしました