【京都市河原町】裏路地にひっそりとある心落ち着くブックカフェ 「本と珈琲 ゆかりや」

京都カフェ

お店の情報

店名本と珈琲 ゆかりや
住所
京都市下京区富小路仏光寺下ル筋屋町145
アクセス阪急京都線「京都河原町駅」より徒歩約5分、京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩約10分
営業時間
平日10:00〜18:00、土日祝9:00~17:00
定休日
木金曜日、その他不定休
予算
~1,500円
お席
テーブル席、カウンター席(計席)
個室
無し
貸切
不明
喫煙可否
完全禁煙
駐車場
なし
電話番号
不明
公式Instagram@kissa.yukariya
公式HPhttps://cafeyukariya.theshop.jp/

食べログ

本と珈琲 喫茶ゆかりや - 京都河原町/喫茶店 | 食べログ
本と珈琲 喫茶ゆかりや (京都河原町/喫茶店)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

Googleマップ

Google マップ

「本と珈琲 ゆかりや」さんとは?

京都の中心を通る四条通、その道筋から外れた京都らしい裏路地にひっそりと佇むいい雰囲気のカフェがあります。

それがこちら「本と珈琲 ゆかりや」さん。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

お店からのお願い

お店のオンラインショッピングではコーヒー豆やドリップパックを取り寄せもできます

本と珈琲 喫茶ゆかりや powered by BASE
京都の路地奥に隠れる築100年の家で、こっそりOPENしている小さな喫茶店です。本と珈琲を片手に、のんびり自分の時間を過ごせるようなお店をめざしています。珈琲豆は、自家焙煎のスペシャルティコーヒーを使用。店主が美味しいと思ったものを心をこめて少しずつローストしています。

お店の外観

お店は、阪急京都線「京都河原町駅」より徒歩約5分、京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩約10分、ちょうど烏丸と河原町の真ん中から南へ下がったところにあります。

写真のように道路に面しているわけではなく、この看板の置いてある家の入口のようなところを奥へ進みます。

さらに路地の奥まで来て回り込む形でお店の入口があります。

周りにも同じような造りの家屋があるのですが、お店の看板が立てかけられているので、間違わないと思います。

いかにも京都の家っていう感じですね。

お店の内観

中は掛け軸があって、和室そのもの。

なんでも元々、店主さんの親族が住まれていた家をそのまま店舗として使っているそうで、築100年みたいです。

店内のいたるところにブックカフェらしく本があり、これらは自由に読むことができますよ!

この本は店主さんのお父様ものが中心で、様々なジャンルでどれを読もうか迷う楽しさもあります。

迷ってこちらの本をチョイス、これはかなり面白かったので、購入してみようかな。

メニュー

ドリンクメニュー

フードメニュー

いただいたもの

ここからはお店でいただいたものを紹介します。

フレンチトースト

フレンチトースト 750円(税込)

京都府精華町の「こだまパン」さんの食パンを使ったフレンチトーストで、アイスとはちみつがついてくるというシンプルなもの。

4枚切りの厚めの食パンは、「こだまパン」さんの特徴である『白神こだま酵母』を使いしっとり、そのままで食べるとシンプルな卵の味わいが感じられます。

パンのミミ(クラスト)はもっちりとして食べにくさはなかったです。

はちみつは粘り気があって、強い甘さがお口の中に残り、美味しさの余韻に長くひたれました!

「本と珈琲 ゆかりや」さんの口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都モーニング。(@ma_kyomorning)がシェアした投稿

まとめ

四条通からそれた裏路地の中にあるカフェ「本と珈琲 ゆかりや」さん。

築100年という家屋はとても心を落ち着かせてくれ、その中でお店自慢のトーストや珈琲などを本を読みながらいただくことができます。

朝も土日祝では9:00から営業されており、本を片手にゆったりとしたモーニングコーヒータイムを過ごされてはいかがでしょうか?

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。

ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました