兵庫カフェ

【兵庫・神戸北野】「北野メディウム邸」非日常空間、異人館街最古の洋館で極上のスイーツプレートを堪能

画像:よっしー@関西グルメ
スポンサーリンク

お店の情報

店名:北野メディウム邸
住所
:兵庫県神戸市中央区山本通2-9-19 旧スタデニック邸
アクセス:阪急神戸本線「神戸三宮駅」より徒歩約12分、JR神戸線「三ノ宮駅」より徒歩約15分、神戸市営地下鉄西神・山手線「新神戸駅」より徒歩約15分、阪神本線「神戸三宮駅」より徒歩約16分
営業時間
:アフタヌーンティー12:00~17:00、カフェ12:00~18:00、夜カフェ19:00~24:00
定休日
:不定休(インスタ参照)
予算
:1,000円~
お席
:テーブル席
個室
:無し
貸切
:不可能
喫煙可否
:完全禁煙
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)
電話番号
:078-855-3900
公式Instagram@kitano_mediumtei
公式HPhttps://mediumtei.com/

食べログ

北野メディウム邸 (三宮(神戸市営)/カフェ)
★★★☆☆3.13 ■歴史と伝統が息づく非日常空間◆夜はカフェ&バーでスイーツやカクテルを楽しむ至福のひとときを ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

Googleマップ

北野メディウム邸 · 〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通2丁目9−19 旧スタデニック邸
★★★★☆ · カフェテリア

「北野メディウム邸」さんは北野異人館最古のレトロ洋館の中でアフタヌーンティーや夜カフェを楽しめる

画像:よっしー@関西グルメ

「北野メディウム邸」さんは2022年2月にオープンした北野異人館街最古のレトロ洋館「旧スタデニック邸」を使ったカフェ。

「旧スタデニック邸」は明治20年代に建てられロシア人であるスタデニックご夫妻が暮らしていた邸宅で1980年(昭和55年)に神戸市により伝統的建造物に認定、「ラインの館」や「ムーア邸」と同じ建築家がデザインしたとも伝えられています。

カフェを運営するのは「株式会社ROUGH LABO」さんで近くのカフェ「ティファニーの休日」さんも運営されています。

今回、夜カフェでスイーツプレートを食べに行ってきました。

なお、北野異人館街の建物に入るのは入館料が必要なのですが、ここ「北野メディウム邸」さんは飲食料金のみで入館でき非日常的な雰囲気を体感できるのが大きなポイントです。

お店の外観

画像:よっしー@関西グルメ

阪急神戸本線「神戸三宮駅」より徒歩約12分、JR神戸線「三ノ宮駅」より徒歩約15分、神戸市営地下鉄西神・山手線「新神戸駅」より徒歩約15分、阪神本線「神戸三宮駅」より徒歩約16分、異人館通り沿いにお店があります。

建物は入口の奥にあるので通り沿いの看板を目印に行ってください。

入口横には樹齢120年の大きなソテツの木が立っていて圧巻でした。

お店の内観

画像:よっしー@関西グルメ
画像:よっしー@関西グルメ

白い壁に各部屋にはアンティーク家具、さらに蓄音機や照明が配置され非日常空間を演出、ノスタルジーに浸る事ができました。

画像:よっしー@関西グルメ
画像:よっしー@関西グルメ

二階にも部屋があってコワーキングスペースとしても利用できるそうです。

メニュー

画像:よっしー@関西グルメ

パフェ、アフォガードにバスクチーズケーキやチョコブラウニーなどのスイーツメニューがありました。

画像:よっしー@関西グルメ

生ハムやナッツ盛り合わせに、カルパッチョなどお酒に合いそうなフードメニューがあります。

画像:よっしー@関西グルメ
画像:よっしー@関西グルメ

アルコールはビール、ワイン、ウイスキー、カクテルなどなど、ソフトドリンクもあるのでお酒が飲めない方でも気兼ねなく訪れる事ができます。

抹茶スイーツの食べ比べを堪能 京抹茶プレート ペアリングドリンク付き 3,500円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ 京抹茶プレート ペアリングドリンク付き 3,500円(税込)

内容は
・抹茶テリーヌ(手前右)
・抹茶わらびもち(手前中央)
・抹茶のロールケーキ(手前左)
・ブランマンジェ -抹茶蜜ソース-(奥右)
・抹茶チーズケーキ(奥中央)
・抹茶生チョコアイスとコーヒーゼリー(奥左)
というものになっていて様々な抹茶スイーツを楽しめるのが嬉しいですね。

画像:よっしー@関西グルメ ペアリングドリンク

ペアリングドリンクは、京都の宇治抹茶入り玉露入煎茶(※ノンアルコール)。

このドリンクはアルコールショットができ「宝酒造」さんから発売された、サクラ香る宝焼酎「NIPPON」と「極上宝焼酎」の二種類を楽しめます。

玉露入煎茶は、京都屈指の茶処で緑茶発祥の地・宇治田原の山本重朗兵衛「MARU+JYU」を使用。
山本重朗兵衛は関ヶ原以降、帰農して400年程度の歴史がある数少ない禁裏(天皇家の直轄地)で天皇家の直轄地を代々管理してきました。
婦人画報さんに掲載された「MARU+JYU」という農家民宿(ゲストハウス)で提供するか、たまに最高級茶をある宗派の大本山からの依頼などで誂えている程度。
また農林水産大臣、観光庁長官や星野リゾートさんの視察を受けた事もあるそうです。

緑茶割りについては
①1年かけて開発された宝焼酎NIPPON(樽貯蔵熟成酒)の味わいにあう宇治田原産茶葉を厳選・配合した唯一無二の高級茶葉(Tバッグ)を使用。
②水出しでも色・味がすぐに出る”目で見て楽しい”お客様体験型緑茶ハイ。(茶の生産者が唸るほどな鮮やかな緑色はここでしか体験できません)
③時間が経つと味が変わる”二度楽しめる”充実した満足感のある緑茶ハイ。(時間が経つと玉露の旨みが優位になり、よりまろやかでコクと旨みが楽しめます)
※2度付けできるよう、使用したTバッグを添えていつでも追加でお楽しみいただけます。
④NIPPONの桜餅のような甘い香りと宇治田原産緑茶の高貴な味わいが繰り出す和テイストの絶妙なハーモニーは、テーブルの上で凝縮された茶会(和のアフタヌーンティー)であります。

極上宝焼酎割りは、緑茶の芳醇な風味にフルーティーなコクが味わえました。

抹茶スイーツの中で一番のお気に入りはチーズ好きとしては抹茶チーズケーキ、まろやかなチーズに抹茶の風味が合わさり、リッチな味わいを演出。

画像:よっしー@関西グルメ 抹茶生チョコアイスとコーヒーゼリー

抹茶生チョコアイスとコーヒーゼリーは、生チョコ特有の口の中でとろける舌触りに抹茶の風味そこにコーヒーゼリーのぷるぷる食感が相性抜群。

画像:よっしー@関西グルメ

ふんわり食感の生地に抹茶クリームというシンプルな構成の抹茶のロールケーキ、アクセントはホワイトチョコレート。

きな粉がたっぷりとかかった抹茶わらびもちは、モチモチで抹茶ときな粉によりまさに和菓子のよう。

抹茶テリーヌはしっとりとした生地で咀嚼すると抹茶の深い風味が広がり、余韻に浸れます。

そしてブランマンジェ -抹茶蜜ソース-はヨーグルトのような爽やかな酸味が特徴のブラマンジェに、抹茶蜜ソースの合わせて食べると他の抹茶スイーツとはまた違った斬新な味わい。

まとめ

「北野メディウム邸」さんは異人館街の中で最古の洋館を使った、様々なスイーツなどを楽しめる事ができる非日常空間が最高のカフェ。

アフタヌーンティー、カフェ利用はもちろん、夜は24時まで夜カフェとして営業、とても雰囲気が良くデートにおすすめです!

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。

ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました