チョコレート、チーズなど本物の素材のみを使った熊谷のパティスリー 「ル コント ブルゥ(Le Conte Bleu)」

埼玉 洋菓子

今回、ご紹介するのは熊谷市、数々のコンクールで受賞されたシェフがおられるパティスリー「Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)」さんの「純朴な卵ロール」です。

素材に対して、こだわりを持つこちらのお店の看板商品はロールケーキだそうで、非常に楽しみです!

「純朴な卵ロール」を食べて

ケーキの説明

彩卵(ゴールドエッグ)、粉(宝笠ゴールド)、北海道産最高級生クリーム、すべてにこだわった自慢のロールケーキです 。(公式HPより)

パッと見た感じはシンプルなロールケーキといった外観となっています。

ケーキの断面、構成について

構成:(外周)スポンジ生地+生クリーム+カスタードクリーム(中心)

実際に使っているものも生クリームにカスタードクリームとシンプルなクリームです。

ケーキを実食しての味や食感

生クリームを包み込む、スポンジ生地はふんわりとしており、ほんわりとした甘さが特徴的です。

口の中に含み、噛むとクリームが染み込んでくるようで、スポンジとクリームが一体となっているのが実感できます。

そのスポンジに包まれた生クリームのその軽さもあってか、重たくなくそれと同時に甘味もありました。

そして、中心の卵のまろやかさ、コクのあるカスタードクリームが最後に待ち構えていて、これと生クリーム、スポンジと一緒に食べるとこの上ない至福

これは卵を始め、素材に対するお店のこだわりが前面にでた『王道のロールケーキ』という印象ですね!!

「Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)」さんの紹介

お店の概略

1996年(平成年)に埼玉県熊谷市にオープンしたフランス菓子店です。

【日々最高】と思える菓子を目指して、日々お菓子作りをされています。

店名の由来

店名の『Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)』は『夢物語』という意味だそうです。

その何にふさわしいスイーツをたくさん毎日つくられています。

その数は、生菓子約30種類、焼菓子約40種類、チョコレート約15種類と豊富な品揃え。

そのすべてを、自家製で一つ一つ丁寧につくっておられるということなので、食べるのが非常に楽しみです!

お店のケーキの特徴

『素材には特にこだわり、粉・砂糖などは手に入る限り最高級のものを使用』。

例えば、 チョコレートについてです。

すべてバローナ社、カカオバリー社(共にフランス産)やベルコラーデ社(ベルギー産)以外は使用していないそうです。

どれも一流のチョコレートメーカーですね!

チーズケーキなども約5種類ありますが、フランス産クリームチーズ、ノルマンディー産フロマージュブラン、イタリア産マスカルポーネなど、すべて本物だけを使用しているとのことです。

また、お店のパティシエさんが日本最大の洋菓子コンテスト「ジャパンケーキショー」に出展された作品が金賞を受賞しました。

お店の場所について

お店の最寄駅は、JR高崎線、北陸新幹線、秩父鉄道秩父本線「熊谷駅」です。

北口から徒歩20分ぐらい、距離で言うと、約1.2Kmのところにあります。

アクセス、営業時間、定休日などの情報

店名:Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)本店
住所:埼玉県熊谷市箱田6-1-41
営業時間:9:30~20:00
定休日:水曜日
電話番号:048-522-6704
公式Facebook:https://www.facebook.com/LeConteBleu/

地図

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。
ご不明な点はお店へご確認いただけますようお願いいたします。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました