【兵庫・淡路島】「日月長」淡路島産卵を使ったプリンに自家製コーヒーが手づくり食器で楽しめるギャラリーカフェ

兵庫カフェ

お店の情報

店名:日月長
住所
:兵庫県淡路市多賀485-5
アクセス:淡路ICより車で約25分
営業時間
:13:00~17:00(営業日はインスタ参照)
定休日:不定休(インスタ参照)
予算
:1,000円~
お席
:カウンター席、テーブル席
個室
:なし
貸切
:不可能
喫煙可否
:完全禁煙
駐車場:あり
電話番号
:090-8779-0648
公式Instagram@awajishima_gallery_cafe_hituki
公式HPhttps://uto-utobijyutsu.stores.jp/

食べログ

日月長 (淡路市その他/カフェ)
★★★☆☆3.08 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

Googleマップ

日月長 hitukinagaku · 〒656-1521 兵庫県淡路市多賀485−5
★★★★☆ · カフェ・喫茶

「日月長」さんは焼きプリンや自家製コーヒーが楽しめる陶芸、ガラス食器などに囲まれたギャラリーカフェ

画像:よっしー@関西グルメ

「日月長」さんは、淡路島産の放飼卵を使った焼きプリンに自家製スペシャリティーコーヒーが楽しめる陶器やガラス細工に囲まれたギャラリーカフェ。

淡路島カフェ巡りでお店を探していた時にビジュアル良さげなプリンを見つけて営業日を見たところ、ちょうど営業されていたので行ってきました。

お店の外観

画像:よっしー@関西グルメ

淡路ICより車で約25分、『古事記』・『日本書紀』の冒頭「国生み神話」に登場する、国生みの大業を果たした「伊弉諾尊(イザナギ)」と「伊弉冉尊(イザナミ)」の二柱を祀っている神社伊弉諾神宮のすぐ目の前にお店はあります。

店先に駐車場があり2台ほど止めることができます。

お店の内観

お店に入るといろんな作家さんによる陶芸、ガラス、金工、木工、絵画、アクセサリーや家具、靴などの作品が至るところに置いてあり、まるで美術館のようでした。

奥にソファー席がありました。

ギャラリーに併設されたカフェスペースはグレーや明るい配色の土壁で静けさを演出。

画像:よっしー@関西グルメ

ガラスの食器が置かれた窓からは様々な色合いの光が降り注ぎます。

メニュー

画像:よっしー@関西グルメ

プリンはblack、white、grayの三種類、お取り置きもでき確実に食べたい方がお取り置きをオススメします。

ドリンクはコーヒーの他に紅茶、生絞りジュースやジンジャエールそしてアルコールもありました。

画像:よっしー@関西グルメ

自家焙煎スペシャリティコーヒーは日替りのものもありました。

落ち着きのある空間で、こだわりのプリンとコーヒーを楽しむ

プリンとコーヒーのおすすめコンビネーションを注文。

自家製焼きプリン gray 600円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ 自家製焼きプリン gray 600円(税込)

淡路島の放し飼いたまごにマダガスカル産バニラビーンズなどの厳選した材料で仕上げた自家製焼きプリン whiteに、同じく放し飼いたまごに牛乳と沖縄黒糖を使った自家製焼きプリン blackのカラメル冠をのせた両方の味わいを楽しめるプリン。

画像:よっしー@関西グルメ

舌触りはなめらかで、柔らかさがあり卵のコクがとても濃厚。

自家製スペシャリティコーヒー エチオピア イルガチャフィー ベレガG1 640円(税込)

画像:よっしー@関西グルメ 自家製スペシャリティコーヒー エチオピア イルガチャフィー ベレガG1 640円(税込)

紅茶を思わせるフレーバーと甘味のある最高級のウォッシュ ド モカ。

コクが強く酸味もあってプリンとの組み合わせも良かったです。

まとめ

「日月長」さんは、淡路島の放し飼い卵を使用した自家製焼きプリンに、自家焙煎スペシャリティコーヒーを楽しめる隠れ家みたいなカフェ。

店内にはいろんな作家さんによる陶芸、ガラス、金工、木工、絵画、アクセサリーや家具、靴などの作品が至るところに飾られ美術館のような雰囲気も良かったです。

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。是非クリックお願いします↓

人気ブログランキング - 投票処理中

コメント

タイトルとURLをコピーしました