【東大阪市河内小阪】爽やかな雰囲気の店内で頂くアイスとマリトッツォが鮮やか! 「青と白」

大阪カフェ

お店の情報

店名:青と白
住所
:東大阪市御厨栄町3-1-28
アクセス:近鉄奈良線「八戸ノ里駅」より徒歩約9分、「河内小坂駅」より徒歩約10分
営業時間
:11:30〜24:00
定休日
:不定休
予算
500~円
お席
:テーブル席
個室
:無し
貸切
:不可能
喫煙可否
完全禁煙
駐車場
:あり(近隣にコインパーキングあり)
電話番号
:不明
公式Instagram@aoto.siro

「青と白」さんは、青と白で統一されたアイスとマリトッツォの専門店

2021年7月21日に東大阪市にアイスと、今年の大注目のスイーツ『マリトッツォ』を扱ったカフェがオープン。

マリトッツォ好きとしてこれは行かないということで行ってきました!

お店の外観

近鉄奈良線「八戸ノ里駅」より徒歩約9分、「河内小坂駅」より徒歩約10分 、大阪商業大学の北側にお店があります。

白い壁と青色のドアと見るからに清々しい気分にさせてくれますね。

窓にはお店のロゴマークが貼られ、手に商品を持って撮影できる映えスポットもバッチリ!

お店の内観

店内も白い壁がベースになってて、そこに青色が加わることでなんだかイタリアにいるかのような気分になります。

また、絵画が掲げられており、こちらも写真スポットとして良いですね。

イートインスペース

イートインスペースとして、二人掛け用のテーブルが2セットと二人掛け用ソファテーブルが1セットの計6席があり、涼しい中でアイスやマリトッツォをいただくことができますよ♬

メニュー

メニュー表

メニューは大きく分けて、アイスとマリトッツォ、そして「ブルーキッチンの間借りパン(仮)」さんでも販売されているあん塩バターコッペがあります。

アイスは、基本3種類となっており、バニラアイスにプラスして約15種類から2種類をチョイスする形になっています。

ヨーグルトやレモン、ハワイアンブルーなど爽やかなフレーバーがあるのが特徴。

マリトッツォは、『ジェラート』入りという他とは違ったものに、どんなものかとても気になりますね!

コッペパンは、あん塩バターコッペと黒糖あん塩バターの二種類のみ。

お店の方によると、このお店はスイーツに特化しているので、扱うコッペパンも甘い系にしているのだそう。

「ブルーキッチンの間借りパン(仮)」さんについてはこちら!

青色ホイップのマリトッツォ 550円(税込)

青色ホイップのマリトッツォ 550円(税込)

生クリームに植物性の青色を施した見るだけて涼しげな感じになれるマリトッツォ。

このように青色をしたマリトッツォは今まで見たことがありません!

もっちり白パンに軽い口溶けの青色ホイップそこに、はちみつの濃密な甘さがアクセントに。

生地にもはちみつが染み込んでおり、これまたかみしめると甘みが感じられます。

さらにブロック状のバターの塩気が一味違った味わいを演出し、とても食べやすかったですよ♪

青色のホイップの下には白色のホイップと、店名を連想させる看板メニューになりそうですね。

アイスクリーム(空色ヨーグルト、ハワイアンブルー、バニラアイス) 600円(税込)

アイスクリーム(空色ヨーグルト、ハワイアンブルー、バニラアイス) 600円(税込)

ザクザクのコーンフレークが入ったカップに三種類のアイスを入れて提供されます。

シンプルな甘さのバニラに加えてその他のハワイアンブルーと空色ヨーグルトはジェラートのような食感でした。

ハワイアンブルーは味の想像がつきにくいと思いますが、ラムネに近い味でとっても爽快

そして空色ヨーグルトはヨーグルトのさっぱりとしたもので、こちらも夏に食べたくなるフレーバー。

夏にはやっぱり、ひんやりとできるアイスが美味しいですね!

「青と白」さんの口コミ

まとめ

「青と白」さんは青と白を基調とした涼しげな店内で、アイスクリームとマリトッツォが頂けるカフェ。

青色のマリトッツォ、ジェラートマリトッツォや約15種類ものフレーバーのアイスジェラートの他、天満橋で大人気のコッペパン専門店「ブルーキッチンの間借りパン(仮)」さんのコッペパンも味わえます!

近隣にお住まいの方は是非行ってみてくださいね。

※お店情報やメニューなどは、当ブログ掲載時のものです。

なお、ブログ掲載の画像の無断使用は固くお断りさせていただいております。

※当ブログの情報に誤りがある場合、お手数ですがお声かけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。是非クリックお願いします↓

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

コメント

タイトルとURLをコピーしました